理系パピコのブログ

本、漫画、アニメの感想など。

小林有吾「アオアシ」第7巻

アオアシ第7巻を読みました。

 

アオアシ(7) (ビッグコミックス)

アオアシ(7) (ビッグコミックス)

 

あらすじ

サイドバックへの転向を突然告げられた葦人は、戸惑いながらもサイドバックミニゲームに参加する。そこで、サイドバックの難しさを痛感するとともに可能性を示す。

福田の思惑

福田は、葦人のポジション転向を初めてあったときから考えていました。そして、伊達を巻き込んで、そのことは隠しながら葦人の成長を待っていました。この巻では、福田自身が葦人にサイドバックで何を期待しているのかは、語られません。

本木と富樫は、葦人の視野の広さを利用して、サイドバックで「司令塔」させる気であると考察します。

いくらなんでもサイドバックで司令塔は、無茶があるような気がします。この後、葦人がサイドバックで何をしてくれるか気になります。

「絞る」

小中高とサッカー部で、センターバックをやっていました。そのため、「絞る」という言葉は、数え切れないほど使ってきました。サッカー漫画で「絞る」が取り上げられることは、滅多にないと思うので、少し嬉しかったです。

この巻では、葦人が味方から「絞れ」と言われ戸惑うシーンが描かれます。自分も小学校のときサイドバックをしていたときにセンターバックの先輩から「絞れ」と言われ、戸惑ったことがあります。そのときを思い出しました。

簡単に「絞る」を説明すると、中央を固めることです。守るべきゴールは、中央にあるので中央を固めとけば大丈夫だという考え方です。DFの基本中の基本の考え方です。視野の広い葦人は、慣れてくればすぐできるようになると思います。

まとめ

サイドバックへの転向を自分なりに受け止めた葦人は、サイドバックとしてプレイし始めます。なかなかDFに焦点を当てたサッカー漫画は少ないので、DFだった自分としてはこれからが楽しみです。