理系パピコのブログ

本、漫画、アニメの感想など。

GWの記録

ゴールデンウィーク明けで気落ちしてしまったので、ブログ更新で気持ちを整理します。

はじめに

GWは休まず研究を続けようかなと思ってしました。

でも、折角の休みなので研究室には行かずのんびりすることにしました。

どこか旅行に行く予定もなかったので、まずはテレビゲームとお別れしました。

テレビゲームとの別れ

過去記事でテレビゲームをやめることを宣言していました。 

student-papiko.hatenablog.com

 宣言した割にその後もゲームをすることがありました。

そこで思い切ってゲーム機本体を売ることにしました。

過去記事でも書いたとおり大学生になってPS3PS4を次々買いました。

高校までは、テレビゲームを持っていなかったので、テレビゲームには憧れがありました。

4年間で楽しいゲームをたくさんできました。

特に、「ラスト・オブ・アス」というゲームが一番お気に入りです。

 

PS3PS4は、ブックオフで売りました。

今まで楽しいゲームをありがとう。 

 

ゲームを売り暇になったので、アニメや映画を見たり、本を読んだりしていました。

GWで見たアニメ

ソードアート・オンライン

MMOあるあるを散りばめながらも緊張感を持たせる巧みなストーリーのお陰でリアリティがあり、そしてキリトにみたいになりたいと年甲斐もなく思ってしまいました。

 

 

ソードアート・オンライン2」

 

 前作よりはペースダウンしているような気もしたが、週末治療にバーチャルMMOを用いるというのに思いがけず心動かされました。

健康なのにゲームに現実逃避する人もいれば、僅かな余命をせめてゲームの中で健康に楽しく過ごそうとする人いる。

悲しい話のようだが、絶望的な現実世界から人の心をわずかでも救うことがゲームでできるのなら、とても素晴らしいですね。

 

GWで見た映画

インターステラー

 荒廃していく地球から人類移住を実現させるため、科学者が密かに計画を立てるもそれぞれの思惑が交錯し、一筋縄に計画は進まない…

人類にとって真に大切なものが何なのかを考えさせられる映画だった。

「個人」「人類全体」「家族」?

人類は最後に何を選ぶのか。

 

「イミテーションゲーム」

第2次対戦時にドイツが用いた暗号「エニグマ」の解読に挑んだ数学者「アラン・チューリング」のお話。

工学部の自分は、「チューリングマシン」 というのをなんとなく聞いたことがありました。

戦争を勝利に導いた英雄でありながら、その功績は公開されることがありませんでした。

自分も曲がりなりにも工学を志す者なので、とても興味深い作品でした。

 

ソーシャルネットワーク

マークザッカーバーグフェイスブックを立ち上げるお話です。

映画は、仲間内での関係やザッカーバーグの孤独みたいなの描こうとしています。

しかし、自分は単純にザッカーバーグの才能や集中力に魅了されました。

動機が不純であってもザッカーバーグは、自分の才能を最大限に発揮し、大きな成果を挙げたの事実です。

自分も才能を最大限の集中力を発揮し小さくてもいいから成果を挙げたいです。 

 

GWで読んだ本

「何者」

人生の中で一番おもしろかった映画を聞かれた真っ先に「桐島、部活やめるってよ」を挙げます。

その原作の著者である「朝井リョウ」の直木賞受賞作である「何者」は、就職活動をする大学生を描いたお話です。

就職活動と聞くととても耳が痛く、気分が悪くなります。

この本でも就職活動の俗物的な側面が描かれています。

一方で、自分は、就職活動を通して自分を見つめ直すことで、自分以外の人への理解も深めることができるきっかけになるでしょう。

そこで自分をさらけ出すことを恐れないようになれたなら、自分を「何者」でない自分として、自分を受け入れられるのでしょう。

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 

終わりに

今でゲームをしていた時間を埋めるように映画やアニメ、本に時間を費やすことができて、とても満足でした。

でも、今でやっていたゲームの更新が来てもプレイできないのは、残念です。

そんなゴールデンウィークでした。

 

しばらく休日はないようですが、余り気張らず少しずつ研究や英語の勉強をしていこうと思います。

 

情報の取捨選択

こんにちは。パピコです。

情報を取捨選択することについて思ったことを書きます。

はじめに

4月から新聞を一ヶ月取ってみて情報を如何に効率良く取得するのかが大事だと実感しました。

新聞を取り始めたときは、折角お金を払ってるのだからと隅々まで読んでいました。

でも、一ヶ月読んでいる内に同じようなことを書いている所も多くあることや自分の興味のない内容を読むことについて疑問を持ち始めました。

余計な情報を手に入れるために時間を使っていたら時間がいくらあっても足りません。

また、自分にとって大事な情報というのは、自分の考えや置かれた状況で違うわけで必要なものを必要な分だけ手に入れられることが一番重要です。

そこで、自分が考える情報の取捨選択について考えます。

新聞

新聞だったら一面と一通り見出しを読むを確認して、気になった見出しを詳しく読むのが一番良いでしょう。

正直、今の政治とか経済とか余り興味もないし、最低限の知識は一面に書いてあるので十分です。

漫画雑誌

自分は、週間少年マガジンを毎週買っているのですが、全ての漫画を読もうとする結構時間がかかってしまいます。

つまらないと思った新連載は、積極的に切ってもいいのかなでしょう。

少し数えてみたら24タイトルが連載しているみたいです。

それを全部読んでいたら時間がかかるのは当たり前ですよねw。

小説・新書

小説は、普通に頭から読んでいくのが良いでしょう。

中には、小説でも斜め読みができる人がいるみたいですが、自分はそこまで難しいことはできません。

新書は、見出しを見てつまみ食いでいいと思います。

正直、本屋の立ち読みだけでも有益な情報を手に入れることはできます。

もし買って読むにしても頭から大事に大事に読んでいく必要はないです。

教科書・専門書・論文

大学院生なので自分なりの教科書・専門書・論文の読み方を考えました。

教科書や専門書や論文は、一気に一通り目を通すことが大事だと思います。

実践できているかは、怪しいですが、難しいものほど挫折し易いので、繰り返し読むことを重視して、分からないことがあってもいいから一気に読みます。

まとめ

ここまで書いてみて思ったのは、情報収集をするときは時間を決めて置いた方がいいということを思いました。

だらだらと情報を収集しているといくら時間があっても足りないし、同じものを読んでしまう可能性が高くなります。

特に大学院生は、自分で時間を管理する必要がある一方でやるべきことは多くあります。

効率良く情報収取して必要なことに時間を割きたいです。

久しぶりのブログ更新

少々ブログ更新をサボっていました。

大学卒業と大学院入学と少しバタついてしまったので、ブログを更新できないでいました。

あとブログについて思うところがあったので、今回はそのことについて書きます。

ブログ更新できなかったわけ

ブログを初めて数ヶ月がたってからいろいろなブログをみて参考にしながら自分のブログをよりよいものにしたくなりました

そう思うようになってから、折角ブログを書くのだから誰かの「役に立つブログ」を書きたくなりました。

役に立つブログを書こうとすると自分の中でハードルが上がってしまいブログを書くのが億劫になりました。

役に立つブログと役に立たないブログ

自分のブログは、本やアニメ、漫画の感想をメインにしてきましたが、役に立つように書こうとすると自分の思ったことを素直に書けませんでした。

特に下調べだったり、要約だったり必要以上にこだわってしまっていました。

元々、文章が下手なのでこだわった所でいい記事が書けるわけでもないので、短くてもいいからブログという形で自分の気持ちを書きたいです。

役に立つブログか役に立たないブログかは、読者の皆さんに決めてもらえば良いと思いました。

あてのないブログ

これからも少しずつブログを更新したいと思います。

他のブロガーさん達と違ってどうでもいいことを垂れ流すようなブログになるかもしれないですが、そういうブログがあってもいいのかな。

どうぞお付き合いください。

大学を卒業しました。

この度、某4年制大学を卒業しました。

来年度からは、同大学の大学院に進学し引き続き研究生活を送ることとなります。

今回は、大学4年間での成長をまとめたいと思います。

人生の選択

自分は、大学に入学して何かをやりたいとかもなく、ひとり暮らしの部屋に引きこもりがちでした。

サークルやバイトもやってみたけど、それらの必要性を感じられず、ゲームやアニメ、ネットに時間を費やしていました。

理系だったのでレポート課題やテストで忙しく。課題やテストが無い日は、だらだらしたかったので、家でゲーム、アニメ、ネットをしていました。

自分の周りもそんな人が多かったので、別にいいかなと思っていました。でも、中にはバイトでお金を貯めてバイクを買ったり、旅行に行ったり、サークル合宿に行ったりと充実した大学生活を送っている人もいました。

今になってみると家で引きこもっていたのは、もったいなかったのかなと思っています。たぶん、これも必要な経験だったのだと思います。

時間の大切さ

大学生活では、無限に時間があったので気づかなかったけど、いよいよ卒業し社会人にはまだならないものの社会人になる(なった)友達と会うと時間の大切さをひしひしと感じます。

特に社会人になれば、自分の時間が極端に減るわけで、その時間を如何に使うかが大事になってきます。

大学生活をだらだらと過ごしてきた自分は、時間の使い方が下手である自信があります。

周りと比べて成績が良かったのも時間をたっぷり費やしたからで、バイトやサークルで忙しい中効率良く勉強していた彼らとは、要領の良さで圧倒的に差を付けられています。

そんなことを最近気づきました。

限りある時間を大切にすること。基本的なことだけれど、積み重ねが大きな結果を生むでしょう。

不安との付き合い方

大学4年になって研究というのに首を突っ込んで、卒業論文なるものを書きました。

今まで研究というものに縁もゆかりもない人生を送っていました。そのため、研究というのがこんなにも不安になるものだとは思いもしませんでした。

不安になると手が止まってしまうことが自分は多いので、不安との付き合い方を自分なり見つけました。

そのおかげで少しずつ前進めるようになりました。

まとめ

 大学生活、後悔していることも多くありますが、なんだかんだで楽しかったです。

講義に出かけて友達とだらだら話して浮いた話は一つもなかったけれど、馬鹿みたい笑ってばかりいました。

課題が多い講義がたくさんあり、それを乗り越えてきた自分を褒めてあげたいです。

きっとこれからの人生において大学で過ごした4年間の経験が活きてくると思います。

大学というものに憧れ必死に大学受験の勉強をしていた僕は、大学卒業というのを想像する余裕すらありませんでした。

そんな僕が大学に入学し卒業するというのは、とても挑戦的な出来事でした。

この挑戦を終えたのだから胸を張って卒業します。

小林有吾「アオアシ」第7巻

アオアシ第7巻を読みました。

 

アオアシ(7) (ビッグコミックス)

アオアシ(7) (ビッグコミックス)

 

あらすじ

サイドバックへの転向を突然告げられた葦人は、戸惑いながらもサイドバックミニゲームに参加する。そこで、サイドバックの難しさを痛感するとともに可能性を示す。

福田の思惑

福田は、葦人のポジション転向を初めてあったときから考えていました。そして、伊達を巻き込んで、そのことは隠しながら葦人の成長を待っていました。この巻では、福田自身が葦人にサイドバックで何を期待しているのかは、語られません。

本木と富樫は、葦人の視野の広さを利用して、サイドバックで「司令塔」させる気であると考察します。

いくらなんでもサイドバックで司令塔は、無茶があるような気がします。この後、葦人がサイドバックで何をしてくれるか気になります。

「絞る」

小中高とサッカー部で、センターバックをやっていました。そのため、「絞る」という言葉は、数え切れないほど使ってきました。サッカー漫画で「絞る」が取り上げられることは、滅多にないと思うので、少し嬉しかったです。

この巻では、葦人が味方から「絞れ」と言われ戸惑うシーンが描かれます。自分も小学校のときサイドバックをしていたときにセンターバックの先輩から「絞れ」と言われ、戸惑ったことがあります。そのときを思い出しました。

簡単に「絞る」を説明すると、中央を固めることです。守るべきゴールは、中央にあるので中央を固めとけば大丈夫だという考え方です。DFの基本中の基本の考え方です。視野の広い葦人は、慣れてくればすぐできるようになると思います。

まとめ

サイドバックへの転向を自分なりに受け止めた葦人は、サイドバックとしてプレイし始めます。なかなかDFに焦点を当てたサッカー漫画は少ないので、DFだった自分としてはこれからが楽しみです。

小林有吾「アオアシ」第6巻

 アオアシ第6巻を読みました。

アオアシ(6) (ビッグコミックス)

アオアシ(6) (ビッグコミックス)

 

 あらすじ

東京都リーグ第1節、成京高校戦で苦境に立たされる葦人でしたが、トライアングルとアイコンタクトを身に着けたことよって、3点のビハインドを逆転しなんとか勝利を掴みます。一方で、ユース監督の福田は、葦人にまさかの宣告を下します。

トライアングル

葦人は、サッカーの基本であるトライアングルを身につけ、やっとユース生たちと連携できるようになります。サッカーのトライアングルは、パスの選択肢を確保し、相手の守備に隙を生じさせます。さらに、葦人は視野が圧倒的に広く、味方の未来の動きが予想することによって、相手の意表を突くプレイをします。

葦人の成長によって、Bチームは試合に勝利し、Bチームの監督の伊達は、想像を超えるスピードで成長する葦人に一目置くようになります。

宣告

やたらサッカーに詳しいスポンサーのお嬢様である杏里の勧めで、葦人は栗林のキラーパスを習得し、得点のバリエーションを増やしていきます。

しかし、ユース監督である福田は、葦人にサイドバックでの転向を宣告します。ここでこの巻は、終わります。

まとめ

必死の努力で成長する葦人に対してまさかの宣告。人一倍得点へのこだわりが強い葦人がこの宣告を受け入れるのか。福田の真意は如何に。

主人公がFWの王道サッカー漫画だと思っていたので油断していました。正直、この展開は予想外だったので、とても衝撃を受けました。

小林有吾「アオアシ」5巻

アオアシ第5巻を読みました。

 

アオアシ(5) (ビッグコミックス)

アオアシ(5) (ビッグコミックス)

 

あらすじ

ユースのAチームとの合同練習で昇格生である黒田と朝利の反感を買ってしまう。Bチームを指揮する伊達は、葦人に反感をかってしまった理由を見けるように言います。しかし、葦人はその理由をなかなか見つけれないまま、自分の進退を賭けたリーグ戦に挑みます。

Aチームとの合流

Aチームと初めて合同で練習をします。まず初めにAチームとBチームで21対11というなかなかクレージーな試合をすることになります。そこで11人のAチームに21人のBチームが負けるという悲劇が起こります。そこで、葦人の新しい課題が見つかることになります。この人数差で負けるほどAチームは強いのか(笑)。

黒田と朝利の怒り

AチームとBチームの11対21人の試合で昇格生の黒田と朝利は、葦人に対して憤りを覚えます。一方、葦人はその原因がまったくわからないでいました。そんな中、伊達は、その原因を次のリーグで見つけられなかった場合は3ヶ月間試合に起用しないと葦人に伝えます。いよいよ追い詰められた葦人は、自分の進退を賭けてリーグ戦に臨みます。果たして、黒田と朝利の怒りの原因を見つけ、その試合をものにできるのか。喧嘩してしまった花と仲直りできるのか。

まとめ

昇格生とセレクション、スカウト生の溝が描かているけど、現実のユース生もそうなのかな。現実でもユースの人は、プライド高そうだしそういうのもあるのかな。部活動だと大会で成績を残したい人とそうでない人で溝があったりしたなあ。